ブレーキパッドイメージ

ブレーキパッド

ブレーキパッドとは自転車のブレーキの構造と同じでタイヤと一緒に回転しているディスクローターを 挟み込んで車を停めています。自転車はゴムでホイールを挟み込みますが自動車は速度も重さも自転車とは比べ物にならないくらい 大きいのでブレーキパッドと言われる摩擦材が使われています。 新品は約10mmほどありますが、使えばその分減っていき0mmになるとブレーキは効かなくなってしまいます。 なのでコバックでは余裕をもって約4mm以下になれば交換をお勧めさせていただいております。ブレーキパッドには少なくなると危険を運転者に知らせるために鉄のセンサーが付いていて 約2mmくらいになると、そのセンサーがディスクローターに当たってキーキーというような音を発生させます。 またブレーキパッドは少なくなればなるほど体積が減って発熱量が多くなりブレーキパッドの減りは早くなります。 車検や1年点検のときにブレーキパッドの残量を点検するので、もし残量が4mm以下であれば交換をお勧めします。

 

ブレーキパッド

ブレーキパッド
6,480(税込)
mark03

■作業時間 40分〜  ■交換工賃 6,480円(税込)〜

※車種によってセンサーのついてないものもあります
※ブレーキパッドの減りについてはブレーキの踏み方、走行頻度によって変わります。